靴のお手入れ



靴のお手入れ

DIS製品を長くご利用いただくために、いくつかの方法をご紹介します。


  • 同じ靴を2日間連続して着用しないでください。 湿気を残さないことで、嫌な匂いや、磨耗を防止します。
    靴の中に木型を入れて保管してください。 木型を入れることで乾燥し、しわを防ぐことができます。 何年も良い状態でお使いいただくために、ぜひ、お試しください。

  • 靴は、ワックスベースの研磨剤を塗布する前に、綿の布で汚れやほこりを拭き取ってください。 ワックスを使用して磨いた後は、きれいな綿の布で、余分なワックスを取り除きます。 ワックスは、革に潤いを与え、油分や光沢を戻すために使用します。
    靴のお手入れには、靴の革に応じて、適切なワックスを使用する必要があります。

  • 靴のケアセットには、汚れを取り除くためのブラシと、適切な色(靴と同じ色)の研磨剤、研磨用のブラシと綿の布が必要です。 スエード革の場合は、ゴム素材のブラシを使用し、子牛の革には、馬毛のブラシをご使用ください。
    穴飾りのある靴は、研磨剤が穴に入る場合がありますので、 余分な研磨剤が完全に取り除かれるまでブラッシングする必要があります。 また、ほこりなどのゴミも穴に入りやすいので、必要に応じて、こまめに磨いてください。

  • 靴を履くときは、靴のかかとを変形させないよう、常に靴べらを使用して履いてください。 また、靴を脱ぐときは、靴ひもを緩め、簡単に脱げる状態にしてから脱いでいただくことをお勧めします。
    長期間ご使用されない場合は、靴に薄くワックス等を塗布し、ソールを下にした状態で靴箱に入れて保管することをお勧めします。 靴は、お手入れをしていただくことで、新しい状態を保ち、長くご利用いただけます。


Privacy Policy Cookie Policy

 © 2019 DIS is a brand owned by Future Fashion s.r.l. - VAT number IT01931350431